左パネル

  • ショッピング
  • Diary
  • Pickup Item
  • Style Photo
  • 店舗情報
  • マイページ
  • help

BY Mizuki Nishino | 2018-07-16 19:59:44 | News [ニュース], Nishino [西野]








surdのビルの1階に、
レディース古着のお店がOPENしました♪































お洋服、アクセサリー、
どれも厳選された素敵なアイテムたちです!

どきどきわくわくがギュッと詰まった店内♪
是非お気に入りを見つけにきてくださいネ(#^.^#)







西野




▼DUROCの相内さん。surdの着用写真にもよく登場しています。
彼女のほんわかキャラとひとつひとつ選ばれた素敵なアイテムたちが迎えてくれます♪





Go To Pagetop

BY Mizuki Nishino | 2018-07-08 19:04:14 | Off Shot [オフショット], Nishino [西野]


漫画も好きだけど、アニメも好きです。西野です。

大人になって改めて観てみたら、とにかく色々スゴかったこちらの作品。



『少女革命ウテナ』
1997年に放送されたアニメです。漫画は小学館の”ちゃお”にて連載していました。
もう20年以上前の作品になるのですね・・・。
こちらの作品、当時も相当革新的な存在だったのだと思いますが、時を経た今観てもなかなかスゴイ・・・。
どのようなストーリーか、ウィキペディアより抜粋しました。

***
幼い頃に自分を助けてくれた王子様に憧れ、自分も王子様になりたいと願うようになった少女・天上ウテナは、入学した鳳学園で「薔薇の花嫁」と呼ばれる少女・姫宮アンシーと出会う。エンゲージした者に「永遠」に至る「世界を革命する力」を与えるという「薔薇の花嫁」をかけて戦い続ける生徒会役員(デュエリスト)たちは、ウテナがかつて王子様から貰った指輪と同じ「薔薇の刻印」と呼ばれる指輪を持っていた。ウテナもまたこの決闘ゲームに巻き込まれ、この背後にある「世界の果て」へと迫っていく・・・。
***

これだけだとよく分かりませんよね。
ということで、個人的に印象的だった部分と見どころを簡単にまとめました。


・『少女革命ウテナ』の印象的な部分と見どころ
・少女漫画らしい、登場人物のすら~~~り体型
・見目麗しいピンク髪の主人公
・学ランに赤いスパッツ姿の主人公
・なんと14歳
・男性主要キャラは大体王子様のような服着てる
・生徒会長と副生徒会長はロン毛(男子)
・突然始まる決闘
・決闘時のBGM
・絶対運命黙示録
・理事長代行の鳳暁生(おおとりあきお)はアンシーの兄
・暁生のオープンカー
・男性キャラは上半身がはだけがち
・突然どこにでも現れる暁生のオープンカー
・高速で走る暁生のオープンカー
・アニメの後半に毎回見ることになる、オープンカーを走らせながらボンネットに腰かけポーズを取る暁生の姿
・オープニングとエンディングの曲
・最終話の最後



・・・まとめてみたものの、これでは余計に分かりませんね・・・。


39話あり、上げきれないほど魅力的な部分しかないです。(いろんな意味で)
寺山修司の”天井桟敷”で音楽を担当していたJ.A.シーザーの楽曲が時折流れ、「本当にアニメなのか・・・?」と思うような演出があり。
ハイセンスなギャグ回もあり。
同性愛、近親愛、セクシュアリティなど、多くの要素が盛り込まれ。
最終話は、ウテナによって革命されたアンシーの姿に涙が止まりません。
今観ても革新的な内容。これが本当に90年代に世に放たれたの・・・?とビビるくらい、魅力的です。



とりあえずもうyoutube見てみて!!!(投げやり)


▼これはエンディング


▼決闘の際、必ず流れます


▼暁生のオープンカー(胸元がはだけ過ぎ)


▼漫画もありますが、アニメを観る方が何倍もウテナを楽しめます




西野



                  



Go To Pagetop

BY Mizuki Nishino | 2018-06-23 19:00:00 | Off Shot [オフショット], Nishino [西野]





『竹宮惠子カレイドスコープ』






行ってきました!!!




場所はこちら。








青森県三沢市にある、寺山修司記念館。
小川原湖のすぐそばにあります。


竹宮惠子先生の『風と木の詩』
この漫画が大好きなのです。

(以前のブログで紹介したので、よかったら見てみてくださいませ。上の太文字から飛べます。)


『風と木の詩』や『地球(テラ)へ…』などの原画や原稿など、竹宮先生が生み出した美し~~~いイラストを見てキュンキュンしたのち、記念館の裏の森へ。








こんな感じで導かれ進むと、なんと・・・!





ジャアァァァ~~~ン!!!


『風の木の詩』のジルベールが森の中にィィィーーーーー!!!
キャ~~~~~ッッッ!!!
美しすぎて、直視、出来ません・・・!!!





森の中にいるジルベールの美しさたるやーーー!!!
青森県三沢市の森でも、ジルベールがただ存在しているだけで風と木の詩の世界観がダダ漏れちゃってるこの奇跡ーーー!!!


みなさんもうお分かりだと思うのですが。

なんと、ジルベールと2ショット撮れちゃいます。






ジルベール(パネル)に会うのですから、とっておきの格好で行かねばと、R&D.M.Co-のとっておきを着ていきました。


はぁ・・・幸せのひととき・・・



雨の日はジルベールと2ショットが撮れないようです。
行かれる方はご注意を。




西野



▼オールドマンズテーラーより入荷がありました▼
オンラインストアに掲載しておりますので是非チェックを・・♪







Go To Pagetop

BY Mizuki Nishino | 2018-05-21 19:42:09 | Nishino [西野]



大ニュースです。大ニュースなんです。
なんと、『よつばと!』の14巻が4月28日に発売されたのです。
これは2018年最大のニュースになる予感・・・。
だって、13巻が発売されたのが2015年11月27日。
およそ2年半ぶりの新刊ですよ??!!?!






首を長くして待っていました!!!というより、もはや、”よつばと!は続いている”という概念ごとすっかり忘れていたようにも思いますが、何はともあれこんなにも新刊が発売されたことが喜ばしい漫画はこの作品と週刊少年ジャンプの『HUNTER×HUNTER』くらいなのでは・・・?



・『よつばと!』ってどんな漫画?
夏休みの前日、とある町に元気で自由奔放な5歳の女の子「よつば」と、「とーちゃん」の親子が引っ越してきたところから始まるストーリー。
はじめて体験する出来事、感動、よつばや周りの人たちの日常が描かれている漫画です。
ほんとーーになんてことない日常なんですよ。
「あーこんなことあったなぁ!」という、”無い記憶”が蘇るくらいに、リアルな日常です。


よつばの自由な行動や反応に「フフフフ・・・」と、近所の子供を見ているような気持ちで初めは読んでいましたが、繰り返し何度も読むうちに、もうウルウルがネバーストップ。ネバーストップウルウル。
花火大会で迷子になったよつばと、3歳の時に初めてのディズニーランドで迷子になった私がリンクして、ノスタルジーに浸ったりしてね。「はぐれたらもう一生会えない」と思って泣いちゃう位の純粋な気持ちって、いつどこにおいてくるのでしょうね・・・。





・とにかく読んでみてください
疲れた時に、心が荒んだ時に、リラックスしたい時に、優しい気持ちになれない時に、なんだか読みたくなるシーンがいちいちネガティブですが、そんな時に読みたくなる作品です。

語り尽くせないほどいろんなことに気付かされる漫画ですので、大人はもちろん、お子さんにも是非読ませてあげてください。





・ちなみに
この漫画の中に出てくるキャラクターの中に、とにかく色々なアイテムにされてしまっているヤツがいます。

その名も、「ダンボー」。
小学4年生のみうらという少女の夏休みの自由研究で作られた、エコロジーなロボット型スーツ。(ダンボール製)
お金を入れると動きます。


surdにも、商品化されたダンボーがちゃっかりいました。






モバイルバッテリーなダンボー。
スマートフォンの充電が出来る、便利なヤツです。
このダンボーはプラスチック製です。



西野







                  





※ お問い合わせメールのあとに、当店から返信がない場合
 コチラ をご確認くださいませ



Go To Pagetop

BY Mizuki Nishino | 2018-05-01 19:14:52 | Nishino [西野]


相変わらず漫画ばかり読んでいます。
西野です。





”山上憶良(やまのうえのおくら)”
皆さん、ご存知ですか?

やまのうえのおくら・・・
山の上のおくら・・・
山上憶良・・・・・

うーん、聞き覚えのあるような、ないような・・・。




”万葉集”
どう?これでピン!ときた???
古典や日本史の授業で出てきた記憶、うっすらありませんか?




そう、”山上憶良””万葉集”歌人です。
どんな歌を詠んでいたかと聞かれると全然ピンときませんが・・・。




中学生や高校生のときに出会っていたのね、山上憶良よ。
まさかここにきてこんなところで再び出会うなんて・・・。






『あをによし、それもよし』

物を持たない暮らしを目指す現代のミニマリストが突然奈良時代にタイムスリップしてしまう・・・?!?!
質素な奈良時代はミニマリストにとって最高の環境・・・?!




何気なく手に取った漫画の中で、久しぶりにヒット。
山上憶良がどこでどう出てくるかは、読んでみてからのお楽しみです。


最近歴史モノの作品に少々マンネリしていた方に。
おすすめです!




西野


Go To Pagetop

Recommend Item オススメ商品

CAMVAS PT

Danton

COLOR:キャメル

11,664円

税込 送料別

CANVAS ショートパンツ

Danton

COLOR:オリーブ

10,584円

税込 送料別

CANVAS ショートパンツ

Danton

COLOR:キャメル

10,584円

税込 送料別

COTTON CANVAS ショートPT

Danton

COLOR:ベージュ

11,880円

税込 送料別

COTTON CANVAS ショートPT

Danton

COLOR:ネイビー

11,880円

税込 送料別

TAPE YARN S/S KNIT

ALLEGE

COLOR:ネイビー/ホワイト

36,720円

税込 送料別

Go To Pagetop

ようこそGUESTさん

<< 2018年7月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< LAST   NEXT >>
LATEST[最近の記事5件]
2018-07-17 11:38:41
【WEB SHOPをご利用のお客様へ重要なお知らせ】 
2018-07-16 19:59:44
DUROC(デュロク)OPEN☆ 
2018-07-15 18:12:10
秋冬コレクション♪ 
2018-07-11 20:36:25
7/14 NEW OPEN ☆ 
2018-07-08 19:04:14
絶対運命黙示録。 
更新通知
RSS2.0

Copyright i.d.&company All Right Reserved.